トップページ > トップページ書籍のご案内

トップページ書籍のご案内

知っておきたい紙パの実際2024/25

2024-06-05

タイムス インタビューズ2024 有識者に聞く

2024-03-27

紙パルプ 企業・工場データブック2024

2024-02-19

紙パルプ 日本とアジア2024

2024-01-18

紙パルプ技術タイムス・特別企画「技術アニュアル2024 機械・資材・薬品総覧」

2023-10-01

紙パルプ産業と環境 2024 循環型の特性活かし持続可能な成長へ

2023-08-31

『紙・不織布・フィルム 加工ガイド2024-市場と技術』

2023-08-01

知っておきたい紙パの実際2023

2023-05-31

タイムス インタビューズ2023 有識者に聞く

2023-03-27

紙パルプ 流通・原料・機械・資材・薬品 TIMES DATA BOOK 2023

2023-01-18

NONWOVENS REVIEW 特別企画「2023年版 不織布・機械資材薬品ガイド」

2022-12-20

 新型コロナウイルスの感染拡大が発生して3年日を迎え コロナ禍も次第に沈静化の方向にあると言えますが、この間、世界経済は大きな影書を受け各国の産菓構造や消費行動には著しい変化が生じています。また経済復元が本格的段階に入りつつあるなか今年2月にはロ シアのウクライナ侵攻が始まり、原燃料価格の上昇やサプライチェーンの混乱など製造業にとって事業環境は一段と厳しさが増し大幅な企業戦略の見直しが迫られるようになりました。また、他方ではDXによる更なるIT社会の進化や脱プラ・脱塩素、SDGsといった要素を新たな成長要素としていかに取り込んでいくかも欠かせないテーマとなっています。
 こうした大変動の時代にあって不織布企業およびその関連企柴も同様に事業展開の軌道修正が求められており、生産体制や用途開拓・製品開発などの面で内外動向を見据えた、きめ細かで柔軟・大胆な戦略が一段と欠かせないものとなり、原材料や各種資材・薬品、製造機器などに対し従来とは異なる選択基準が必要とされています。
 本誌Vol.33No.3では好評企画の『不織布・機械資材薬品ガイド』を“大変動時代”の下で有効活用できる2023年版サプライヤーズガイドとして最新データにより再構成するとともに、不織布製品をはじめ、その原材料や資材・薬品、製造設備・加工機械•関連機器のなかから優良製品を選りすぐって紹介、企業動向や市場・製品開発動向も概観できる内容とします。

紙パルプ 日本とアジア2023

2022-12-19

紙パルプ技術タイムス・特別企画「技術アニュアル2023 機械・資材・薬品総覧」

2022-10-01

紙パルプ産業と環境 2023 「脱プラ・脱炭素社会を支える産業へ」

2022-08-18

『紙・不織布・フィルム 加工ガイド2023-市場と技術』

2022-08-01

知っておきたい紙パの実際2022

2022-06-13

紙パルプ 企業・工場データブック2022

2022-03-04

平成の紙パルプ・関連産業〜競争と共創の30年

2020-03-31

紙パルプ2020 有識者が語る近未来

2015-04-06

紙業タイムス1500号記念出版『紙パルプ あの時この人 1949-2012』

2013-02-28

地球環境を改善した廃材チップ輸入(花谷守正著)

2007-05-10

ページのTOPへ