トップページ > タイムスニュース > 単行本『紙パルプ 日本とアジア 2022』を刊行

単行本『紙パルプ 日本とアジア 2022』を刊行NEW


 紙業タイムス社とテックタイムスは単行本『紙パルプ 日本とアジア2022』を2021年12月17日に刊行した。
本書は発展・変化するアジア経済圏の紙パルプ産業を知る恒例企画として高い評価を得ているが、今回はとくにコロナ禍がもたらす変化が定着した“新常態”と新たな成長戦略のキーワードである“脱炭素”がアジアの経済と製紙産業にどのような形で現れつつあるのか、これまでの経過と現状、今後の展望などをまとめた。先行き不透明感増すアジアの製紙産業における事業展開の方向性や日本国内での企業基盤強化の在り方を考えるうえで参考にできる内容・構成となっている。

B5判・本文208頁、定価11,000円(本体10,000+消費税)。

本書の内容は以下の通り。

●“新常態”下のアジアと日本・中国
特別寄稿/9.11から20年 アジアの新たな構図と製紙産業の将来(東京大学名誉教授、日本印刷学会元会長 尾鍋史彦)
国際物流の混乱と日系企業の対応状況

●脱炭素による成長模索するASEAN諸国
本格化するカーボンニュートラルへの挑戦
海洋プラ問題に挑む東南アジア諸国

●日中製紙産業の成長戦略とアジア主要国
日本/新たな事業機会の創出を目指す
中国/マイナス要因が重なり不透明感増す発展方向
世界とアジアの紙パルプ産業/顕著な差が見られるコロナ禍からの回復度合
アジア主要国の紙・板紙需給:韓国/台湾/フィリピン/ベトナム/タイ/マレーシア/インドネシア/パキスタン/インド/オーストラリア

●Future誌に見るアジアの紙パルプ
古紙貿易/合併・統合・再編/貿易措置
欧米/日本/台湾/中国/フィリピン/インドネシア/マレーシア/ベトナム/ラオス/カンボジア/タイ/ミャンマー/インド

●アジアにおける紙パルプ関連の主要日系企業
中国/台湾/韓国/フィリピン/ベトナム/タイ/マレーシア/インドネシア/ラオス/シン ガポール/カンボジア/ミャンマー/インド/UAE/トルコ

本書は以下のURLで購入できます。
http://www.st-times.co.jp/purchase

ページのTOPへ