トップページ > 書籍案内 > タイムスデータブック > 紙パルプ 流通・原料・機械・資材・薬品 TIMES DATA BOOK 2009

紙パルプ 流通・原料・機械・資材・薬品 TIMES DATA BOOK 2009


設備投資面で長らく停滞していた我が国紙パルプ業界も、最新の大型マシンが相次いで稼働する一方、バイオマスボイラーを含む各種のエネルギー転換投資が活発化しています。

また古紙配合率の乖離問題を機に、古紙パルプ配合率の新しい検証制度と再生紙の表示方法がスタート。

紙パルプ企業を取り巻くこうした大きな変化により、設備・資材のサプライヤーはもとより、製紙原料商や紙流通企業も新たな対応を求められています。

塗工紙分野における能力増強投資、古紙パルプ問題での新たなルールづくりなど、日本の紙パは一見、固有の国内事情によって動いているように捉えられがちです。

しかし巨視的に見れば、我が国の製紙産業が抱える課題はここ数年、欧米の大手紙パが取り組んできた体質転換戦略と基本的には同じ流れの中にあります。

設備投資が単なる生産能力増強のみを目的としていた時代から、最新設備の導入を契機に原燃料・資材の調達・購買方法から生産・加工・仕上はもちろん、完成品の輸送・販売システムに至るまでの全サプライチェーンを見直し、最適化によるコストセーブとクォリティアップを図ること──設備投資の主眼はここにあります。

併せて工場現場においてもコンプライアンス体制を確立することの重要性が明らかになっており、それを検証するツールとしてハード・ソフト両面でのキメ細かい投資も求められています。

これらの最終目的が、低成長下の国内にあって持続的な成長を確保することと同時に、ますます一体化・緊密化する世界(とりわけアジア)の市場において勝ち抜くことであるのは言うまでもありません。

紙パ業界がディーラーやサプライヤーに対し“適価で質の良いもの”を求めるニーズに変わりはありませんが、近年は各種資材や設備機器単体に対する評価ばかりでなく、その企業が介在することにより、いかなる付加価値がもたらされるのかを重視する傾向にあります。

紙パ業界にとって、ディーラーやサプライヤーもまた“選択と集中”の時代に入っています。

紙パ業界の以上のような観点から、ディーラーやサプライヤーを選択する際の指針になるような書として『タイムス データブック 2009』を刊行しました。

紙パ企業を取り巻く全チェーンから最適なディーラー、サプライヤーをセレクトできるよう、選定の担当者が常に手元に置いて活用できるような体裁としました。

書籍購入

一覧に戻る

“選択と集中”の時代だからこそ、紙パルプ産業にとって必要な流通・原料・機械・資材・薬品企業の各種データ。それが網羅された待望企画。

B5判・本文266頁

定価 本体20,000円(税・送料別)

2008年12月20日発行

本書の内容

● 紙流通・原料編
代理店・卸商 総合商社 製紙原料商 外資系企業 など
(事業所 倉庫・配送センター 創業 設立 資本金 決算期 役員 幹部 従業員数 主要株主と持株比率 取引金融機関 設備 計数管理システム 関係会社 業績 売上高 営業利益 経常利益 当期利益 品種別売上構成 業種別販売分野 主要販売先 主要仕入先と比率 所属団体 取引先との関係団体 沿革 企業の特色 経営理念 製品または取扱品の特色

● 機械・資材・薬品編
パルプ・古紙処理機械 製紙機械 紙加工機械 計測制御・試験分析機器 抄紙用具 パルプ・紙用薬品 エネルギー関連機器 保全・メンテナンス機器 ほかのメーカー・販売代理店・商社 など
(事業所 創業 設立 資本金 決算期 役員 幹部 従業員数 主要株主と持株比率 取引金融機関 設備 関係会社 業績 売上高 営業利益 経常利益 当期利益 品種別売上構成 業種別販売分野 主要販売先 主要仕入先と比率 所属団体 取引先との関係団体 沿革 企業の特色 経営理念 製品または取扱品の特色 ほか)

ページのTOPへ