トップページ > 書籍案内 > 段ボール 2002

段ボール 2002


本書の構成は段ボール総論、段ボール原紙の製造、段ボール原紙の流れと今後の動向、段ボールの製造、段ボールの今後の動向、海外の市場動向と品質規 格、段ボール原紙の特性と試験方法、段ボール箱の強度設計、段ボール製造上のトラブルと対策、段ボール箱以外の用途、環境にやさしい段ボール、の11章建 てになっています。

生産面に見られる競争力強化の企業統合がもたらすもの、個々企業の効率化・合理化による生産体制の変化と市場、嗜好の多様化・販売、納入単位の少量 化への対応、地域密着型産業-段ボールの将来、マイクロフルートに代表される新製品による需要開拓、製品トラブルの具体的解決策など、段原紙、段ボール業 の各般にわたり回答できる内容構成としています。

さらに、環境対応の段ボールについても新たに1章もうけるなど時代のニーズにも応えています。

書籍購入

一覧に戻る

現業に役立つ段ボールの基礎知識と最新情報をわかりやすく解説。

A5判・本文336頁

在庫切れ

2002年7月1日発行

本書の内容

● 段ボール総論
包装産業と段ボール 段ボール・段ボール原紙 種類と規格

● 段ボール原紙の製造
ライナー 中しん

● 段ボール原紙の流れと今後の動向
拡大の歴史 バブル経済と反動不況 原紙の低グレード化と古紙利用の推進 原紙メーカーのリストラとグループ化の進展

● 段ボールの製造
段ボールの種類 段ボール箱の形式 段ボールの製造工程と設備 特殊段ボール

● 段ボールの今後の動向
段ボール産業の現状(包装材量に占める役割、需要動向) 段ボールの今後(需要・生産)

● 海外の市場動向と品質規格
各国の需要(米国、欧州、東南アジア) 各国の段ボール規格(米国、欧州、東南アジア、中国)

● 段ボール原紙の特性と試験方法
段ボール原紙の必要特性 段ボール原紙の規格・試験方法

● 段ボール箱の強度設計
強度設計の考え方 段ボール箱の圧縮強度に及ぼす要因 圧縮強度の推定式 必要圧縮強度 段ボール箱材質構成の算出法

● 段ボール製造上のトラブルと対策
段切れ・段割れ 段のしわ 段潰れ 段飛び ハイロー ウオッシュボード ブリスタ 段頂部のライナーの損傷 片ゆるみシート 耳ズレ カッター切断寸法の不揃い 段頂薄利 反り 接着不良 罫線割れ 印刷不良 仕上げ不良

● 段ボール箱以外の用途
段ボール緩衝固定 段ボールパレット POP広告用素材 トランクルーム 建築用材料 その他

● 環境にやさしい段ボール
段ボール古紙リサイクルの現状 環境負荷の少ない段ボール

ページのTOPへ