トップページ > トップページ書籍のご案内 > 『紙・不織布・フィルム 加工ガイド2021-市場と技術』

『紙・不織布・フィルム 加工ガイド2021-市場と技術』


近年の急激な時代変化を背景に、紙や不織布・フィルムなどシート加工製品へのニーズが一段と強まっており、市場成熟化が進行するわが国にあって今後も成長が期待される数少ない分野の1つとなっています。
すなわち、
(1) 一般市場向け製品では集約生産化や国際化が進んでいるのに対し、加工を施した付加価値の高い小ロット製品は多様化が進んで新たな市場を絶えず創出している
(2) 紙にとどまらず不織布・フィルムなどの市場分野と重なり合って一つの特殊・機能化シートとも呼べる市場が形成されつつある
(3) 専業メーカー以外にも各種業種からこの市場へ進出が相次いでいる
(4) 先端技術の応用が進み加工用機械や薬品・資材の高度化も著しい
などにより、シート加工製品は市場拡大期を迎えていると言えます。
これらを踏まえ、当社では同分野を新たな観点から捉え、紙にとどまらず不織布・フィルムなども包含する簡便で実用的な書として『最新 加工ガイド/市場と技術』を1997年に発行しました。
その後、同書続刊の要望が多数寄せられたため、折々の開発製品に関する最新情報などを盛り込み、書名を『加工ガイド』と改め恒例企画として毎年刊行、今回も全面的な内容刷新を図り『加工ガイド2021』として刊行しました。
「紙業タイムス」「FUTURE」「紙パルプ技術タイムス」「NONWOVENS REVIEW」各誌の編集協力のもと、時代変化を見据えながら市場環境や最新開発技術などの動向を追うとともに各種データも充実化、製品開発や市場開拓な どに携わる方々にとって実際的で有益な解説・情報の書となっています。

書籍購入

一覧に戻る

製品開発・市場開拓に携わる方の実際的な解説・情報の書。

A4判・本文192頁

定価 本体8,000円(税・送料別)

2020年8月1日

本書の内容

●市場・技術動向
ポストコロナの新常態と紙の未来 ─ 自粛経済から社会変革を経て新たな成長モデル形成へ
東京大学名誉教授 尾鍋史彦

日本における不織布産業の現状と今後の課題 ─ 技術開発・海洋プラスチック問題・国際化対応
日本不織布協会顧問,日本繊維機械学会不織布研究会委員長,信州大学繊維学部特任教授 矢井田修

報道発表などに見る最近の製品開発(2019年7月〜20年6月)

加工関連データ/紙・板紙 印刷,段ボール 包装資材・容器,段ボール 粘着テープ,壁紙 不織布 紙おむつ・マスク 衛材・コスメ製品

加工製品資材 品種・銘柄データ/印刷・情報 印刷・その他 包装・パッケージ 粘着・剝離 産業・工業用資材 土木・建築 家庭・衛生 その他

●開発事例
日本製紙/「紙化」動向とヒートシール紙“ラミナ®”の開発
北越コーポレーション/環境に配慮した紙素材“パンセ”の開発と提案
大王製紙/脱プラスチック社会に貢献する“エリプラペーパー ─ 耐水性・耐油性を付与した“エリプラ+(プラス)”もラインアップ
王子タック/機能を維持しつつ土中・海洋生分解性を付与した“Eco Marine TacTM”
大日本印刷/DNP断熱紙カップ HI─CUP 電子レンジ対応
カミーノ/古紙と植物由来生分解性樹脂を複合した“PAPLUS®”(パプラス) ─ 日本発のプラスチック問題解決策として世界に提案
ダイワボウレーヨン/環境循環型繊維としてのレーヨン素材の提案
三菱製紙/抗ウイルス機能性フィルター“アレルスイープ®”
花王/「デュアルグラフト化」技術および目的・用途に合わせた改質CNF配合樹脂“LUNAFLEX”の開発
リンテック/凍結・結露面への貼付が可能なチルド環境対応ラベル素材“CHILL AT” ─ 改正食品衛生法ポジティブリストに対応した粘着剤を使用
ユポ・コーポレーション/デジタル印刷対応粘着用グレード“SGM 80”の開発

●最新技術情報
小林製作所/新たな特殊加工に役立つワイヤーバー,各種コータ,不織布用クロスカッタ,テスト用ラボ
伸興/ロールや基材の微小異物・液状異物を除去するEXワイピングクロスクリーナー
KGKエンジニアリング/Hergen社の技術力を結集したティシュマシンおよびカーボンスチール製ドライヤーシリンダー
春日電機/エレクトレット加工システム コロナプラズマ表面処理装置
生産現場での事故・トラブルを未然に防ぐ静電気除去装置
富士ケミカル/無機系抗菌剤“バクテキラー”およびスラリー状抗菌剤“バクテライト”
ラサ工業/無機─有機ハイブリッド抗菌・防カビ剤“ラサップ”
金陽社/製紙カレンダー用樹脂ロール“ZE─Kシリーズ”
東京計器/印刷品質検査装置 P─CapV6
ABB/L&Wファイバーテスタープラス(繊維形状分析器)
チノー/赤外線多成分計 IMシリーズ
東光計器/光学式ポータブル水分計

●連載
高度化するパルピング・古紙処理技術(2)
KP法の進展と将来の可能性 ─ バイオマス燃料の高効率利用へ向けた技術開発と課題
岩崎誠

●業界動向
紙パルプ技術協会/新理事長に王子ホールディングスの進藤富三郎氏 ─ 年次大会のウェブ開催も決議
12社が結集し「アールジャパンプラス」設立 ─ 画期的なプラスチック再資源化技術を実装へ
大善,ピーアイシー/パームヤシ空果房のパルプ化で成果 ─ インドネシア政府の協力を得て共同開発
日本不織布協会/新会長に日本バイリーンの川村氏を選出 ─ 2020年度定時総会を大阪・太閤園で開催

ページのTOPへ