トップページ > 業界ニュース > 王子ホールディングス/「環境ビジョン2050」と「環境行動目標2030」を制定

王子ホールディングス/「環境ビジョン2050」と「環境行動目標2030」を制定NEW


 王子ホールディングスはこのほど、環境に関する長期ビジョン「環境ビジョン2050」と、その達成に向けて、2021年度から開始し30年度を目標達成年度とした「環境行動目標2030」を制定した。

 「環境ビジョン2050」の中核は、森林保全と植林を通じて森林のCO2吸収固定能力を活用しながら、製造・物流部門の省エネ化と再生可能エネルギーの利用拡大にも取り組み、50年のネット・ゼロ・カーボン(温室効果ガス排出の実質ゼロ)を目指すこと。その過程として、30年度までに温室効果ガス排出量を18年対比で70%以上削減し、併せて資源の有効活用やさまざまな環境負荷低減、生物多様性の維持保全などに、グループの総力を挙げて取り組んでいく。

 ◎「環境ビジョン2050」
 https://ojiholdings.disclosure.site/ja/themes/191/

 ◎「環境行動目標2030」
 https://ojiholdings.disclosure.site/ja/themes/150/

「パートナーシップ構築宣言」を公表

 また王子ホールディングスは、内閣府、中小企業庁などが公表を呼びかけている「パートナーシップ構築宣言」の趣旨に賛同し、宣言を公表した。

 「パートナーシップ構築宣言」とは、大企業と中小企業がともに成長できる関係を構築するため、・サプライチェーン全体の共存共栄と規模・系列を越えた新たな連携
・親事業者と下請け事業者の望ましい取引慣行(下請中小企業振興法に基づく振興基準)の遵守などを宣言するもの。
 宣言内容は、同社webサイト(https://www.biz-partnership.jp/declaration/536-05-06-tokyo.pdf)、およびパートナーシップ構築宣言のポータルサイト(https://www.biz-partnership.jp/)で閲覧できる。

 

(FUTURE2020年10月26日号)

ページのTOPへ