トップページ > 業界ニュース > 日本製紙/G20イノベーション展に“シールドプラス”を出展

日本製紙/G20イノベーション展に“シールドプラス”を出展NEW


 日本製紙は長野県・軽井沢で開催されたG20関係閣僚会合「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」の併催イベント、「地球へ社会へ未来へ G20イノベーション展」(6/14~16)に、同社の紙製バリア素材“シールドプラス”を出展した。経済産業省と環境省が主催する同展では、水素エネルギー・海洋プラスチックごみ対策・イノベーションなどをテーマに、政府の取組みのほか、最先端のエネルギー・環境関連技術が公開された。

 日本製紙が出展した“シールドプラス”シリーズは、バリアフィルムと同等の酸素バリア性をもつスタンダードタイプと、高い水蒸気バリア性を発揮する新製品“シールドプラスプレミア”(4月発売)がある。生分解性とバリア性を併せもつパッケージ素材として、とくに軟包装分野での利用が期待されている。

 

(Future 2019年7月1日号)

ページのTOPへ