トップページ > 業界ニュース > 日本製紙/豪州に現地法人を新設

日本製紙/豪州に現地法人を新設NEW


 日本製紙はグローバル市場で液体用紙容器事業を拡大するため、オーストラリアに現地法人を設立する。
 持続可能なパッケージへの転換が求められる中、オセアニア市場でも紙容器の需要増加が期待されている。日本製紙はオセアニア進出に当たり、3月に液体用紙容器の世界的リーディングカンパニー、Elopak ASAとオセアニア地域でのライセンス契約を締結、また液体紙容器充填機の国内最大手である四国化工機と、同地域の充填機総代理店契約を締結している。今回の現地法人設立により、Elopakの『Pure-Pak』と日本製紙『NP-PAK』の紙容器、および四国化工機の充填機をオセアニア地域で販売する体制が整った。

 【現地法人の概要】
 商  号:Nippon Paper Liquid Package Australia Pty. Ltd.
 所 在 地:ビクトリア州メルボルン市
 設  立:2022年6月(予定)
 資 本 金:50万豪ドル㌦(日本製紙100%出資)
 事業内容:オセアニアにおける液体用紙容器および充填機の輸入、並びに卸売販売

(FUTURE 2022年6月20日号)

ページのTOPへ