トップページ > 業界ニュース > 日本製紙/秋田1号塗工機と石巻2号塗工機を停機

日本製紙/秋田1号塗工機と石巻2号塗工機を停機NEW


 日本製紙は塗工紙の国内需要減少を踏まえ、2018年5月末に秋田工場(秋田県秋田市)の1号塗工機と石巻工場(宮城県石巻市)の2号塗工機を停機する。
 印刷用紙の国内需要は少子化や電子媒体の伸長により構造的な減少傾向にあり、その中でも塗工紙は年率約4%のマイナス成長が続いている。今後もその傾向は続くと見込まれるため、両塗工機で生産する塗工紙を他工場に集約し、より効率的な生産体制にすることで、塗工紙事業の競争力強化を図る。
 秋田工場1号塗工機の生産品種は上質コート紙と軽量コート紙で年産能力15万t、石巻工場2号塗工機は上質コート紙で9万t。

(Future 2017年8月21日号)

ページのTOPへ