トップページ > 業界ニュース > 日本製紙/秋田市で風力発電所の竣工式を挙行

日本製紙/秋田市で風力発電所の竣工式を挙行NEW


 日本製紙はウェンティ・ジャパンと合弁会社「日本製紙ウェンティ風力㈱」(代表・東藤芳臣、佐藤裕之)を設立し、日本製紙秋田工場の隣接地に風車3基の設置を進めてきたが、このほど設備が完成し竣工式を執り行った。
 風力発電設備は1月から営業運転を開始しており、発電した電力は「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)」を活用して販売している。
 日本製紙は豊かな暮らしと文化発展への貢献を目指し、全国にある工場の設備や土地のほか、培ってきた技術やノウハウ、人材を活用した多彩な事業展開を進めており、電力の安定供給に資するエネルギー事業もその1つ。

 〔日本製紙ウェンティ風力の概要〕
 所 在 地:秋田県秋田市向浜地区
 事業内容:発電設備の運転・管理および電力の卸供給販売
 出資比率:日本製紙50%、ウェンティ・ジャパン50%
 発電規模:7,485kW(3基合計)

 

 

(Future 2018年5月7日号)

ページのTOPへ