トップページ > 業界ニュース > 日本製紙グループ/新聞古紙リサイクルで読売新聞社と契約締結

日本製紙グループ/新聞古紙リサイクルで読売新聞社と契約締結NEW


 日本製紙は、読売新聞東京本社が開始した新聞古紙の「クローズド・ループ」システムで、同社から直接古紙を購入する契約を結んだ。読売新聞社が回収した古紙を日本製紙が買い受ける。システムの運用は、4月1日から東京都中野・杉並・世田谷エリアで開始している。
 新聞古紙は通常、古紙市場を経由して国内製紙メーカーへ販売されるほか、一部が海外へ輸出されているため、市況動向によっては国内の古紙流通量が不足する恐れがある。クローズド・ループシステムは、資源である新聞古紙を長期的かつ安定的に新聞用紙の原料として循環させることが目的。

(FUTURE2020年4 月20日号)

ページのTOPへ