トップページ > 業界ニュース > 日本紙通商/クラスⅢ適合の医療用マスクを発売

日本紙通商/クラスⅢ適合の医療用マスクを発売NEW


 日本製紙グループの日本紙通商は3月25日、医療用マスク“Cu-TOP(シーユートップ)サージカルマスク”を数量限定で発売した。

 “Cu-TOPサージカルマスク”は日本製紙が開発した抗ウイルス性能を付与できる機能性シートCu-TOP不織布をはじめ、厳選した国内メーカー素材を使用し、国内マスク性能の指標である日本産業規格(JIS T9001医療用マスク)において最上位品質のクラスⅢ適合と判定された。

 Cu-TOP不織布は、紙の原料であるセルロースの表面に銅イオンを結合させた不織布で、
 ①ウイルス減少率は1分間で99%
 ②菌の増殖を99.9%以上抑制
 ③アンモニア、硫化水素などの臭気を低減
 ④スギ花粉、ダニなどを減少
の4つの機能が確認されている。

 また、マスクの口元素材には、ふんわりと頬をやさしく包み込む柔らかな素材を採用。肌あたりが優しいのでストレスを感じにくく、快適に過ごせる。環境にも配慮するため、包装用フィルムは使用せず、外箱には森林認証紙“JETエースW”(350g/㎡)の化粧箱を採用した。

 事業者向け会員制オンラインショップ「KAMITSUSHO.COM」(https://kamitsusho.com/)で販売しており、1ケース16箱入(1箱25枚入)。同社では「医療・介護従事者だけでなく、広く一般にも使用できる高品質なマスクの開発・販売に取り組む」と述べている。

 

(FUTURE 2022年4月11日号)

ページのTOPへ