トップページ > 業界ニュース > 日本紙パルプ商事/シンガポールの子会社を合併

日本紙パルプ商事/シンガポールの子会社を合併NEW


 日本紙パルプ商事(=JP)はいずれも連結子会社のJPP Far East (S) Pte Ltd(=JPP FE)とSpicers Paper (Singapore) Pte Ltd(=Spicers SG)を7月1日付で合併し、商号をOVOL Singapore Pte. Ltd.(=OVOL SG)とする。合併方式はSpicers SGを存続会社とする吸収合併で、合併にともないJPP FEは消滅する。また、この合併・商号変更に合わせ、マレーシアの連結子会社、Spicers Paper (Malaysia) Sdn Bhd (=Spicers ML)の商号も変更し、OVOL Malaysia Sdn. Bhd.(=OVOL ML)とする。
 JPは2018年12月、東南アジアにおける営業基盤強化や取扱商品の拡充、顧客サービスの向上のため、シンガポールとマレーシアで紙卸売事業を展開するSpicers SGおよびSpicers MLを100%子会社化した。このうちSpicers SGを今回、JP100%子会社でシンガポールに本社を置く紙卸商JPP FEと統合するもの。印刷・情報用紙に強みをもつJPP FEと、パッケージやデジタル分野に強みをもつSpicers SGの特性を生かしながら融合することで、シナジー効果の極大化を図る考え。また、合併後はJPグループのブランドである「OVOL」を冠した商号で事業展開していく。
 両社および合併後の会社概要は次の通り(5月31日現在)。

 〔Spicers SG〕
 設  立:1984年
 資 本 金:1,479万シンガポールドル(11億7,200万円)
 事業内容:紙・包装資材の卸売

 〔JPP FE〕
 設  立:1969年
 資 本 金:104.8万シンガポールドル(8,300万円)
 事業内容:紙・包装資材の卸売

 〔OVOL SG〕(予定)
 所 在 地:シンガポール
 代 表 者:加島博取締役会長、Genevieve Chua Kwee Huay取締役社長
 事業内容:紙・板紙・包装資材の卸売
 資 本 金:1,479万シンガポールドル(11億7,200万円)
 株  主:JP100%

(Future 2019年7月8日号)

ページのTOPへ