トップページ > 業界ニュース > 大王製紙/ セルロース濃度55%のCNF高濃度複合樹脂を開発

大王製紙/ セルロース濃度55%のCNF高濃度複合樹脂を開発NEW


 大王製紙はこのほど、セルロース濃度を55%まで高めたセルロースナノファイバー(CNF)複合樹脂の開発に成功した。

 大王製紙では、CNFの最大の特徴である、軽くて強い特性を活かせる複合樹脂の実用化を目指し、2018年からセルロース複合樹脂ペレットのサンプル提供を行ってきた。提供していたのは、粗く解した(部分的にCNF化した)セルロース濃度10%の複合樹脂ペレットだが、ユーザーから用途展開について評価をもらう中で、「最終製品の樹脂設計の自由度を高められるよう、よりセルロースを高濃度化して欲しい」という要望が多く寄せられていた。

 そこで同社はセルロース濃度を高める技術開発を進め、今回の「濃度55%」を実現したもの。開発したCNF高濃度複合樹脂『ELLEX-R55』は、9月からサンプル供給を開始する。

 『ELLEX-R55』は樹脂成形加工を行うユーザーのニーズに合わせて、性能に応じたCNF濃度に希釈することも可能。例えばCNFを10%程度に希釈しても、曲げ特性が向上する分(CNF10%で弾性率1.7倍)、材料の厚さ低減につながる。これにより樹脂材料の軽量化とともに減プラスチックも実現できる。

 大王製紙はCNF事業化の課題であるコスト低減にも取り組んでおり、供給体制は基幹工場の三島工場で成形加工しやすいペレット状にして供給できるようにすることで、製造・物流コストの低減を図る。さらに、芝浦機械と共同でCNFの前処理プロセスや複合樹脂の生産性を飛躍的に改善させるための開発にも取り組んでいる。

 この開発事業はNEDOの「炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発」プロジェクトに採択された。大王製紙は「CNFの早期事業化を加速させる」としている。

(FUTURE2020年9月28日号)

ページのTOPへ