トップページ > 業界ニュース > 大王製紙/連結子会社2社を合併

大王製紙/連結子会社2社を合併NEW


 大王製紙は、いずれも100%子会社の大成製紙(岡山県)とハリマペーパーテック(兵庫県)が、10月1日付で合併することを発表した。

 板紙製造子会社の両社を合併させることにより、生産効率の改善と生産体制の強化、利益の拡大、組織の見直し、固定費削減などを進める。合併方式は、大成製紙を存続会社、ハリマペーパーテックを消滅会社とする吸収合併方式で、大成製紙は合併に伴い商号を変更する予定。合併新会社の代取社長には、現 大成製紙社長の松田幸雄氏が就任する。

 〔大成製紙〕
 所在地:岡山県津山市
 事 業:紙・紙加工の製造および販売業ほか
 資本金:3,000万円
 設 立:1979年
 従業員:157名
 売上高:91億9,700万円

 〔ハリマペーパーテック〕
 所在地:兵庫県加古川市
 事 業:紙・板紙製品および包装資材の製造・加工並びに販売ほか
 資本金:6,000万円
 設 立:2005年
 従業員:42名
 売上高:11億1,900万円

 〔合併後の新会社〕
 所在地:大成製紙と同じ
 事 業:紙・紙加工および包装資材の製造・加工並びに販売ほか
 資本金:3,000万円

                                (FUTURE 2022年4月11日号)

ページのTOPへ