トップページ > 業界ニュース > 大王製紙/川之江・可児の2工場に衛生用紙生産設備を増設

大王製紙/川之江・可児の2工場に衛生用紙生産設備を増設NEW


 大王製紙は、衛生用紙製品の安定供給および中国などアジア向け輸出強化のため、衛生用紙の最新鋭生産設備を増設する。投資額は約200億円で、資金は借入金などにより調達、これにより約4,500t/月の生産能力増強を図る。営業運転開始は2021年9月の予定。
 設置場所は、2018年10月に衛生用紙工場として生まれ変わった川之江工場(愛媛県四国中央市)と可児工場(岐阜県可児市)。川之江工場には高速・幅広の抄紙設備を増設し、国際貿易港に隣接する三島工場から供給される、コスト競争力の高いパルプとエネルギーを使用する。可児工場には加工設備を増設し、首都圏から関西圏エリアへフレキシブルに製品供給できる立地を生かす。
 大王製紙は、今回の増設によって既存設備を含めた生産バランスを調整し、ティシュ、トイレットペーパー、キッチン製品の全品種を安定供給できる体制を構築する。また、川之江で生産した衛生用紙は海外生産拠点に原反で輸送し、中国を中心としたアジア地区での拡販体制を整える。

(FUTURE2019年10月21日号)

ページのTOPへ