トップページ > 業界ニュース > 大王製紙/岐阜県で工場用地取得し衛生用紙事業を強化

大王製紙/岐阜県で工場用地取得し衛生用紙事業を強化NEW


 大王製紙は新工場兼物流倉庫の用地・建物として、岐阜県坂祝町にある三菱自動車工業100%子会社、パジェロ製造の工場を取得する。3月18日付で売買契約を締結しており、取得および決済は2023年1月の予定。近隣の可児工場と連携し、衛生用紙の生産および物流体制を強化する考え。なお三菱自動車は、構造改革の一環として昨夏で同工場を閉鎖している。

 大王製紙は12年に第1次中期事業計画をスタートさせて以降、基幹工場である三島工場(愛媛県四国中央市)を中心に構造改革を進めてきた。現在は、強靭な事業ポートフォリオの確立や財務基盤の強化に取り組む一方、中長期の成長戦略を立てるに当たり、中部地区で洋紙、包装用紙、特殊紙、衛生用紙を生産する可児工場(岐阜県可児市)の高付加価値化と拡張策を検討していた。今回取得する物件は可児工場から約5kmと近く、両工場を一体化させることでシナジーが見込める。こうした判断から取得を決定したもの。具体的な活用案は今後検討していくこととなるが、可児工場で生産するパルプを使い、ティシュ、トイレットペーパーなどの衛生用紙や、大人用紙おむつ、生理用品といった吸収体製品など、付加価値の高い製品の生産体制を強化していく方針。同時に、可児工場近隣の外部倉庫集約を含めた物流構造改革を図る。

 〔取得不動産の概要〕
 所 在 地:岐阜県加茂郡坂祝町酒倉2079
 予定用途:紙製品の製造および物流倉庫
 面  積:土地15万2,664㎡、建物 11万8,508㎡(延床面積)

(FUTURE 2022年4月4日号)

ページのTOPへ