トップページ > 業界ニュース > 大王製紙/「サステナビリティ・ビジョン」を策定

大王製紙/「サステナビリティ・ビジョン」を策定NEW


 大王製紙はこのほど「大王製紙グループ サステナビリティ・ビジョン」を策定した。

 2050年カーボンニュートラル(50年までに温室効果ガスの排出をゼロにすること)の実現を目指すとともに、30年までの目標として「CO2排出量13年比で46%削減」に取り組む。合わせて、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言への賛同を表明した。今後はTCFDに準拠した気候変動関連のリスク・機会評価を行い、情報開示を進める。

 「サステナビリティ・ビジョン」では、次の10項目をマテリアリティ(重要課題)として掲げ、解決に取り組むことを表明した。

 〔10のマテリアリティ〕
 ① 事業ポートフォリオの戦略的変革
 ② グローバル展開の加速
 ③ 新規事業の創出
 ④ 地域社会との共生
 ⑤ 持続可能なサプライチェーンの確立
 ⑥ 人権尊重と人財育成、社員への思いやり
 ⑦ 公正で透明性の高い経営
 ⑧ 気候変動への対応
 ⑨ 循環型社会の実現
 ⑩ 森林保全と生物多様性の維持

 

(FUTURE2021年6月21 日号)

ページのTOPへ