トップページ > 業界ニュース > 大王製紙グループ/寄居印刷紙器を買収

大王製紙グループ/寄居印刷紙器を買収NEW


 大王製紙グループの大王パッケージは10月1日、段ボールケース・紙器製造会社の寄居印刷紙器(埼玉県本庄市)の全株式を取得し、子会社化した。
 大王パッケージは国内に13工場を配置して全国に段ボール製品を提供しており、広域ユーザーの利便性を高めると同時に地場ユーザーへのきめ細かい製品供給のため、一層の事業強化に取り組んでいる。一方、1965年に設立された寄居印刷紙器は、段ボールケースと紙器製品の製造販売を手掛け、埼玉県北部や群馬県を中心に、地場の優良な顧客基盤を持つ。
 両社は今後、協業によるエリア拡大、設備の有効活用、配送の効率化に加え、工場立地や事業戦略的に親和性の高い、ダイオープリンティング(商業印刷、ラベル)、三浦印刷(商業印刷、POP)、大和紙工(貼箱)などのグループネットワークを活用し、得意先の相互紹介や共同営業によるシナジー効果を発現していく。

 〔寄居印刷紙器〕
 本 社:埼玉県本庄市
 資本金:1,000万円
 株 主:大王パッケージ100%
 事 業:段ボール・紙器製品の製造・販売
 売上高:7億円(2020年4月期)
 従業員:48名

 〔大王パッケージ〕
 本 社:東京都千代田区
 資本金:3.1億円
 株 主:大王製紙100%
 事 業:段ボール・ディスプレイ製品の製造・販売
 売上高:433億4,900万円(2020年3月期)
 従業員:1,069名

(FUTURE2020年10月12日号)

ページのTOPへ