トップページ > 業界ニュース > 大王製紙、ほか/異なる運送事業者による中継輸送の実証実験を実施

大王製紙、ほか/異なる運送事業者による中継輸送の実証実験を実施NEW


 大王製紙、伊藤忠ロジスティクス、三井倉庫ロジスティクス、デンソーテンの4社は、商品を積載するコンテナ部分を着脱できるスワップボディコンテナ車両を使い、複数の運送事業者が四国~関東間を中継輸送する実証実験を、3月7~11日に行った。
 実験に協力した運送事業者はアートバンライン、遠州トラック、フジトランスポート、優輪商事の4社で、実証実験では、スワップボディコンテナ車両を導入した中継輸送が長距離輸送の効率化やドライバーの負荷軽減にどの程度効果があるかを検証した。また、輸送業務と荷役作業の分離に必要な検討項目の洗い出しも行った。これまでも中継輸送は、同一運送事業者により取り組まれているが、今回は異なる運送事業者を組み合わせた点がポイント。荷主と運送事業者をマッチングし、ドライバーが間違ったコンテナを運ばないよう、QRコードを用いた「幹線中継輸送運行管理システム」(デンソーテン提供)を使用した。また大王製紙は、荷役分離の検討を行った。
 実証実験では大王製紙、伊藤忠ロジスティクス、三井倉庫ロジスティクスの荷物を四国⇔関東間で輸送。輸送に当たっては大阪と三重の2ヵ所に中継地点を設置し、荷主と運送事業者のマッチングや運行スケジュールの立案はデンソーテンが行った。
 実証実験の結果、異なる運送事業者による中継輸送の可能性を確認できたほか、荷役作業を荷主が行うことで、ドライバーの負担軽減や長時間労働の改善につながることも実証できた。また、スワップボディコンテナ車両を使った中継輸送は、走行距離や待機時間のアイドリングが短くなるため、CO2排出抑制の効果も期待できる。
 近年トラック輸送におけるドライバー不足が深刻化し、輸送の効率化と労働負荷軽減が社会課題となっている。特に長距離ドライバーは、運転以外にも荷物の積み降ろし作業や荷待ち時間により拘束時間が長く、体力的な負担も大きい。このため働き方改革関連法により、2024年から「自動車運転業務における時間外労働時間の上限規制」が適用される。運送・物流業界では労働環境の整備が必須となっており、またCO2排出削減の観点からもトラック輸送の効率化が求められている。

 

(FUTURE 2022年5月9日号)

ページのTOPへ