トップページ > 業界ニュース > 北越コーポレーション/長期経営ビジョンと新3ヵ年中計を策定

北越コーポレーション/長期経営ビジョンと新3ヵ年中計を策定NEW


 北越グループはこのほど、2020年4月~30年3月の10年間を期間とする長期経営ビジョン「Vision2030」と、その第一ステップとして20年4月~23年3月の3年間を期間とする「中期経営計画2023」を策定した。
 長期ビジョンでは、目標とする企業グループイメージとして、「環境経営を基軸として持続可能な社会の発展に貢献する企業」「多様な労働力と最新技術を活用し、時代に適応した新たな事業領域に挑戦する企業」「夢・希望・誇りが持てる働きがいのある企業」の3つを掲げ、「中期経営計画2023」では、次の経営指標と基本方針を策定した。

 〔連結経営指標(2022年度)〕
 売上高:2,800億円
 営業利益:150億円
 経常利益:200億円
 当期純利益:150億円
 ROE:7.0%
 EBITDA:350億円

 〔基本方針(要約)〕
 事業ポートフォリオシフト:中核となる新事業を国内外で開拓し、事業ポートフォリオシフトを加速。
 海外事業拡充:主力事業を集中的、一括的に管理する体制を整備。M&Aなどにより海外事業を拡大。
 国内事業強化:最適生産体制の構築、物流改革などで既存事業の収益力を強化。段原紙のコア事業化、紙加工事業の拡充。
 ガバナンス経営強化:連結経営内部統制会議の開催、グループ統制管理室の機能強化で内部統制を強化。監査役室(監査役の補助使用人)を置き監査の実効性を高める。
 SDGs活動推進:「グループ環境目標 2030」の取組み、プラスチック代替材料など環境配慮型商品の開発、働き方改革などを推進。

(FUTURE2020年6月8 日号)

ページのTOPへ