トップページ > 業界ニュース > 凸版印刷/CNFエコカップを開発、プラ使用量を半減

凸版印刷/CNFエコカップを開発、プラ使用量を半減NEW


 凸版印刷は、セルロースナノファイバー(CNF)を用いた飲料向け紙カップ『CNFエコフラットカップ』を開発し、4月からサンプル出荷を開始する。 写真はサンプル。
 『CNFエコフラットカップ』の最大の特長は高いバリア性と密閉性。日本製紙グループとともに性能改善に取り組んできた、CNFをコーティングした原紙を使用し、高いバリア性を付与している。また、凸版印刷の成型技術を活かして特殊加工を施した完全密閉構造により、商品の長期保存化を実現した。これにより、今まで固形食品向けにしか使用できなかったCNF紙カップを、飲料などの液体用にも使用できるようにした。また、無菌充填・高温充填にも対応可能で、遮光仕様もラインアップしている。
 世界規模で脱プラスチックの動きが進む中、『CNFエコフラットカップ』は従来の飲料向けプラスチックカップと比較して、プラスチック使用量を約50%削減できるというメリットもある。CO2排出量も約20%削減できる。
 価格は、従来の飲料向けプラスチックカップとほぼ同等を実現した。凸版印刷は今後、飲料メーカーや流通企業などに向けて拡販していく意向で、2023年度にCNFを用いた紙容器全体で約5億円の売上を目指す。同社では、「今後もCNFを用いた新たな紙容器の開発を推進していく」としている。

 

 

(FUTURE2020年4 月13日号)

ページのTOPへ