トップページ > 業界ニュース > 全段連/2021年の段ボール需要は1.4%成長を予測

全段連/2021年の段ボール需要は1.4%成長を予測NEW


 全国段ボール工業組合連合会は、2021年暦年(1~12月)の段ボール需要量が、20年見込みとの対比で+1.4%の143億㎡になるとの予測をまとめた。段ボール需要は2年続けて前年を下回っていたが、21年は3年ぶりにプラス成長へ回帰する。
 2020年の国内経済は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、4~6月の実質GDP成長率が前期比年率で△28.8%と記録的な落ち込みとなり、7~9月の速報値では同+21.4%と回復したものの、感染拡大前の水準とは依然大きな開きがある。民間調査機関の多くは、2020年度の実質GDPが△5%台半ばのマイナス成長になると予測している。
こうした経済環境から、2020年の段ボール需要は前年を下回る状況が続き、1~10月累計で前年比△3.2%、通年見込みでは141億㎡(同△3.4%)と、2019年12月の全段連予測値(+0.7%)を大幅に下回る見込み。
 これに対し2021年度の国内経済は、前年の急激な落ち込みの反動はあるものの回復ペースは緩やかなものにとどまるとみられ、民間調査機関による実質GDP成長率予測は概ね+3%強となっている。
 このような見通しを踏まえ、全段連は2021年の段ボール需要を143億㎡(前年比+1.4%)と予測。期間別内訳は、前年4~9月に落ち込んだ反動と回復基調を勘案し、1~3月が△1.0%、4~9月が+2.5%、10~12月が+1.5%と見込んだ。主な需要部門別の動向は次の通り。

 〔加工食品用〕(構成比41%)
 底堅い内食需要に加え、業務用にも後半から緩やかな回復を見込み、+2%程度の伸びを予測。

 〔その他〕(同17%)
 高齢者向け衛生用品の拡大に加え、家庭紙関連も需要が一巡するものの堅調に推移し、1%程度の伸びと予測。

 〔青果物用〕(同10%)
 作付面積の減少などマイナス要因はあるものの、前年の長雨による日照不足、猛暑千ばつによる需要減からの回復を見込み、1%程度の伸びを予測。

 〔電気器具・機械器具用〕(同7%)
 自動車向けを中心に徐々に回復傾向をたどり、2%程度の伸長を予測。

 〔薬品・洗剤・化粧品用〕(構成比6%)
 新しい生活様式の定着で薬品、洗剤は需要が見込める一方、化粧品はインバウンド需要の回復が期待できず、前年並みと予測。

 〔通販・宅配・引越用〕(構成比5%)
 リアル店舗での購買減少は続き、Eコマース市場が成長する一方、脱段ボール化の動きもあり2%程度の伸びにとどまると予測。

(FUTURE2021年1月4日号)

                     

ページのTOPへ