トップページ > 業界ニュース > 丸住製紙/大江工場に衛生用紙の抄紙機と加工設備を新設

丸住製紙/大江工場に衛生用紙の抄紙機と加工設備を新設NEW


 丸住製紙は2023年3月の完成を目指し、大江工場(写真)に衛生用紙の抄紙機と加工設備を新設する。投資額は約90億円。自社製パルプで高品質なペーパータオルなどを製造し、衛生用紙製品のラインアップ拡充を図る。

 同社は衛生用紙事業拡大のため設備の増設を進めている。大江工場では今年9月にもペーパータオルの加工設備1台が完成する予定で、今回の新設と合わせると、フル稼働時には年間約4万tの生産を見込んでいる。

 〔新規設備の概要〕
 所在地:大江工場(愛媛県四国中央市)
 設備内容:抄紙機、加工設備
 生産品種:ペーパータオルなどの衛生用紙
 生産能力:年間約26,000t

(FUTURE2021年6月28日号)

ページのTOPへ