トップページ > 業界ニュース > レンゴー/ドイツに新会社を設立し重量物包材メーカーを買収

レンゴー/ドイツに新会社を設立し重量物包材メーカーを買収NEW


 レンゴーはこのほど、欧州事業に一層注力するため、ドイツに100%子会社「レンゴー・ヨーロッパ社」を設立した。あわせて、レンゴー・ヨーロッパ社と連結子会社のトライコー社(ドイツ)を通じ、ドイツ中部ノルトハウゼンに本社を置く重量物包装資材メーカー「ティム・パッケージング・システムズ社」の持分100%を取得することを決議、同社の出資者であるドイツの独立系総合包装メーカー、ティムグループと持分譲渡契約を締結した。なお持分譲渡は、ドイツ連邦カルテル庁の承認を得たうえで実行される。
 ティム・パッケージング・システムズ社は、傘下の事業会社も含めてドイツに7工場とチェコに1工場を持ち、多岐にわたる素材を用いた重量物包装資材を製造・販売している。一方、レンゴーグループのトライコー社は、ドイツ南部バイエルン州の本社工場を中心に、重量物包装資材の製造・販売事業と物流サービスを展開している。レンゴーは、ティム・パッケージング・システムズ社をグループに加えることにより、製品ポートフォリオの拡充と供給体制の充実を図り、より幅広い包装ニーズに応えながら、ドイツ周辺地域で唯一無二のパッケージ/サービス・プロバイダーとなることを目指す。3社の事業内容は次の通り。

【レンゴー・ヨーロッパ社(Rengo Europe GmbH) 】
欧州におけるグループ会社の事業管理・経営支援・中間持株会社

【トライコー社(TRICOR Packaging & Logistics AG)】
重量物包装資材(段ボール、木材パレットなど)の製造・販売、物流サービス

【ティム・パッケージング・システムズ社】
重量物包装資材(段ボール、木材包装・パレット、パルプ系・プラスチック系包装資材など)の製造・販売

 

(FUTURE 2022年6月13日号)

ページのTOPへ