トップページ > 業界ニュース > リンテック/新ブランド『Livasta』でラベル素材の海外展開強化

リンテック/新ブランド『Livasta』でラベル素材の海外展開強化NEW


 リンテックはこのほど、主力製品であるラベル素材の海外展開強化を見据え、世界共通ブランドとして新たな冠ブランド『Livasta』(リバスタ)を発表した。ラベル素材の豊富な製品ラインアップと提案力をベースに、国内外市場でブランド価値向上と拡販強化を図る。“Livasta”とは、社名のLINTECに、Value(価値)、Stick(粘着素材)、Advance(進化)を組み合わせて名付けた。
 先頃開催されたラベル専門展示会「ラベルフォーラムジャパン」にもスポンサー企業として参加、“環境と安心・安全”をテーマに多数の製品群を出展した。日本有機資源協会が運営するバイオマスマークの認定を取得した「バイオマス粘着剤使用ラベル素材」のほか、「森林認証紙使用ラベル素材」「改ざん防止用ラベル素材(非転着タイプ)」「超強粘着ラベル素材」を紹介した。
 このうち、バイオマス粘着剤使用ラベル素材については、バイオマス度10%の溶剤タイプ、エマルジョンタイプに加え、バイオマス度20%を実現した強粘着タイプの新製品(7月1日発売)も紹介。新製品は、一般的なラベル素材では貼付しにくい低温環境や凹凸面への貼付に適し、冷凍・冷蔵食品や冷酒、ワイン、飲料缶の表示ラベルなどにも使用できる。

 

 

(Future 2019年7月22日号)

ページのTOPへ