トップページ > 業界ニュース > 日本製紙/勇払でバイオマス専焼発電を双日と共同事業へ

日本製紙/勇払でバイオマス専焼発電を双日と共同事業へNEW


 日本製紙は双日と共同で、発電事業会社「勇払エネルギーセンター合同会社」を2月14日付で設立、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を利用したバイオマス専焼発電事業を行う。

 勇払エネルギーセンターは、日本製紙の北海道工場勇払事業所(写真)の敷地の一部を利用して発電設備を設置する計画で、2020年3月に着工し、23年1月の運転開始を予定している。燃料は、主に海外から調達する燃料用木質チップとPKS(Palm Kernel Shell、パームヤシ殻)のほか、国内の未利用材を使用する。発電設備の運転および保守は日本製紙が受託し、電力は北海道電力に販売する予定。

 日本製紙は事業構造転換を進める中で、製紙工場で培った発電の技術・ノウハウを生かし、エネルギー事業に力を入れている。双日と共同で開始する勇払バイオマス専焼発電事業では、勇払事業所の土地と設備、さらには運転技術をもつ人材の活用により、長期安定的な収益の確保を見込んでいる。勇払エネルギーセンターの概要は次記の通り。

 〔勇払エネルギーセンター〕
 所 在 地:北海道苫小牧市字勇払(日本製紙北海道工場勇払事業所内)
 事  業:バイオマス発電による電力供給事業
 出資比率:日本製紙51%、双日49%
 使用燃料:輸入木質チップ、パームヤシ殻、国内未利用材
 発電出力:7万4,950kw(発電端)

(Future 2019年5月27日号)

ページのTOPへ